スマートフォンサイトを表示
  1. HOME
  2. 周辺観光
  3. 景観地をめぐる

景観地をめぐる

熊野古道

熊野古道

神々の住む聖地として崇められてきた紀伊山地とその山々に詣でるために人々が歩いた熊野古道。その大いなる歴史をたどりながら、世界遺産に登録された熊野の自然と神秘に触れてみませんか。


円月島

円月島

臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島。 正式には「高島」というが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから円月島と呼ばれ、白浜のシンボルとして親しまれています。日の沈む夕景 の美しさは格別で、夏は18時30分、冬は16時30分頃。


三段壁

三段壁

千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖。 その昔、漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」に由来するといわれるこの大岩壁は、南北2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮 が激しくぶつかり合うダイナミックな光景には、自然の迫力を感じずにいられません。 →三段壁洞窟


千畳敷

千畳敷

瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだした、第3紀層の砂岩からなる大岩盤。スロープ状になった白く柔らかい岩は、打ち寄せる荒波に浸食され、その名のとおり広い岩畳を思わせる壮大な景観を創っています。


白浜温泉外湯めぐり

白浜温泉外湯めぐり

万葉集や日本書紀にもその名を残す白浜温泉は、関西きっての温泉リゾート。安い料金で名湯を堪能できる公衆浴場もあるので、気軽に温泉めぐりを楽しめます。